2020年モデル新型YZF-R1M/YZF-R1が発表! 
 神戸市北区 BikeShop北神戸 のスタッフブログです。

0785934755

2020年モデル新型YZF-R1M/YZF-R1が発表!

 

2020年モデルになる新型YZF-R1M/R1が発表されましたね。いろいろと変わってるみたいなのでわかる範囲でまとめてみました。

 

スタイリング

 

外観はMotoGPマシンのYZRーM1スタイルと書かれてますがR6っぽいですね。フロントカウルとスクリーンの面積を減らし、形状を見直すことで空力効率が5%以上向上したそうです。割れると評判の悪かったプラスチック製のエアインテークダクトはアルミに変更されているそう。LEDヘッドライトは新デザインであまり目立たなくなってます。

 

R1Mのテールカウルは従来のトップ部分だけではなくすべてカーボン製に。形状はあまり変わってないように見えますね。

 

エンジン、エレクトロニクス

 

エンジンは変わらず直列4気筒クロスプレーンエンジン。パワースペックは200.0PS(13,500 rpm)、11.6kg-m(11,500rpm)。ロッカーアームとカムローブを新設計。Bosch製インジェクターを搭載した新吸気システムを採用。

新たに施行される二輪車排出ガス規制EURO5対応に対応するためか、R1M/R1共にカタログ上では車重が1キロ増加しています。

 

ライダーが個人的な好みや状況に合わせて3つのモードからエンジンブレーキ調整を選ぶことが出来る、エンジンブレーキマネジメントシステム(EBM)を新しく搭載。EBMが各センサーからのデータをもとにスロットル開度、点火時期、燃料噴射量を調整し、スムーズなコーナー侵入をサポート。発進、加速の為のローンチコントロールシステムはモード1をスロットル開度41度、9000rpmで作動するように修正。

 

2つのモードから選べる新しいブレーキコントロールシステムはIMU、ABSシステムと連携して車体の状態を読み取りブレーキ制御に介入、ライダーのブレーキコントロールをサポート。

 

スロットルはスロットルケーブルを排除した新しいグリップ付きアクセルポジションセンサー(APSG)搭載のライドバイワイヤシステムって書いてあるんで、ホンダのCBR250RRみたいにセンサーでアクセル開度を感知するタイプでしょうか。

 

サスペンション、ブレーキ、タイヤなど

 

R1Mのオーリンズ製エレクトロニックレーシングサスペンション(ERS)はNPXフォークシステムを採用。フォークアクスルブラケット内のチャンバーが内圧をかけてオイル内に気体が混ざるキャビテーションを防止してくれ、安定した走りを実現してくれるそう。

 

R1はプリロード、減衰力調整可能なアップグレードされた最新のKYB製フロントフォーク採用。

 

ブレーキパッドは高摩擦素材に変更とのこと。ABSユニットは軽量化コンパクトなBosch製。

 

タイヤはブリジストンのBATTLAX RS11。

 

今回はシリアルナンバー付きですね。

 

ラインナップ

YZFーR1M  

シルバーブルーカーボン

 

YZFーR1

ヤマハブルー

ミッドナイトブラック

 

海外のヤマハのサイトではざっとこんな感じのことが書いてありました。

今回もR1と上級グレードのR1Mの違いはカーボン外装、オーリンズ製サスペンション、GPSロガーとワイヤレスCCUみたいです。

日本での発売時期は未定ですが海外では9月から予約が始まるみたいです。日本で発売される場合は、今までのように逆輸入車ではなく国内販売になるかもしれないですね。

 

 

PCサイトスマートフォンサイト