神戸市北区 BikeShop北神戸 のスタッフブログです。 
 Archive | WR250R/X

0785934755

WR250R/XのCO値調整について

すでに生産終了となったWR250シリーズ。いいバイクですよね。私も乗ってました。

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、WR250R/Xはアイドリング時の排気ガスの濃度調整(CO値調整)が出来ます。「これで燃調が出来る」といった意見もありますね。

CO値調整は写真のように車両に搭載されている自己診断モードから切り替えが可能ですね。マイナス側に振ると燃料が薄く、プラスで濃くなり新車の段階では車両にも個体差があるので0ではなく+2や-1になっており、CO濃度が3.0-5.0%になるように設定されています。

実際これで燃調が出来るのかということですが、結論をいうと影響は微々たるものです。基本的にインジェクション車は常に最適な空燃比になるようにメーカーが細かく設定したECUのマップ、様々な走行状況を検出するセンサー類からの信号、エンジンの作動状況などを読み取って燃料噴射量を決定しています。そんなインジェクションシステムがCO値調整一つで全域の燃料噴射量を大きく変化させることは難しいです。

O2センサーが付いている車両は排ガス濃度でさらに補正がかかるのでCO値調整したところであまり意味はないですが、WR250シリーズは付いていないのでその分影響が出やすいところはあるかもしれません。しかし、あくまでもアイドリング付近での話。メーカーも元々そのような目的で作っていないので変更することによって予想外の不具合が出る可能性があるので注意が必要です。

ちなみに競技用のYZ250Fには燃料噴射マップと点火時期マップが変更出来るパワーチューナーが付属しています。変更するときはこのような機器を使うかチューニングしてくれるショップに持ち込むのがベストですね。

 

 

PCサイトスマートフォンサイト