神戸市北区 BikeShop北神戸 のスタッフブログです。 
 Archive | 5月

0785934755

MT-07にスリッパークラッチを取り付けます

 

こんにちは。

今回はMT-07にスリッパークラッチを取り付けてみます。スリッパークラッチはシフトダウンなどで急激なエンジンブレーキがかかった際にバックトルクを軽減することでリヤタイヤのスリップやホッピングを防いでくれます。レースの世界では必需品となっているスリッパークラッチですが、最近ではスーパースポーツや大排気量車だけではなく250ccクラスの車種にも搭載され始めてますね。

取り付けるスリッパークラッチはスーターインダストリー社製。SBK(スーパーバイク世界選手権)のヤマハファクトリーチームも採用しているそうです。

 

まずはケースを取り外し。

 

クラッチが見えたら6個あるボルトとスプリングを取り外し。ここのスプリングの硬さがクラッチを握った時の重さになっていますが、スリッパークラッチは構造上ここのスプリングのバネレートを柔らかくすることが出来ます。そのためライダーの負担を軽減することができるのでメーカーのHPにも『アシスト』&スリッパークラッチと書かれていますね。

 

クラッチプレート取り外し。プレートは純正をそのまま使います。念のためプレートの厚みが基準値以内にあるかチェック。ここが悪いと元も子もありませんね。

 

赤く残っているのはエンジンオイル「MOTUL M7100」。

 

スリッパークラッチとプレート取り付け。

 

クラッチ組み付け時、センターナットの下に取り付けるBTLスプリング。このBTLスプリングを変更することによってスリッパーの効きの強さを調整することが出来ます。

 

取付完了。パーツの色合いも綺麗ですね。

 

取り付け後試乗。

高い回転域でのシフトダウンは明らかに体感できるレベルでスリッパークラッチがバックトルクを逃がしてくれます。エンジンブレーキが効かなくなるのではなく、効きすぎているのを逃がしてくれているので違和感がなく走行時の負担が軽減されたように感じます。

元々乗りやすいMT-07がさらに乗りやすくなりました。

 

 

 

 

WR250R/XのCO値調整について

すでに生産終了となったWR250シリーズ。いいバイクですよね。私も乗ってました。

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、WR250R/Xはアイドリング時の排気ガスの濃度調整(CO値調整)が出来ます。「これで燃調が出来る」といった意見もありますね。

CO値調整は写真のように車両に搭載されている自己診断モードから切り替えが可能ですね。マイナス側に振ると燃料が薄く、プラスで濃くなり新車の段階では車両にも個体差があるので0ではなく+2や-1になっており、CO濃度が3.0-5.0%になるように設定されています。

実際これで燃調が出来るのかということですが、結論をいうと影響は微々たるものです。基本的にインジェクション車は常に最適な空燃比になるようにメーカーが細かく設定したECUのマップ、様々な走行状況を検出するセンサー類からの信号、エンジンの作動状況などを読み取って燃料噴射量を決定しています。そんなインジェクションシステムがCO値調整一つで全域の燃料噴射量を大きく変化させることは難しいです。

O2センサーが付いている車両は排ガス濃度でさらに補正がかかるのでCO値調整したところであまり意味はないですが、WR250シリーズは付いていないのでその分影響が出やすいところはあるかもしれません。しかし、あくまでもアイドリング付近での話。メーカーも元々そのような目的で作っていないので変更することによって予想外の不具合が出る可能性があるので注意が必要です。

ちなみに競技用のYZ250Fには燃料噴射マップと点火時期マップが変更出来るパワーチューナーが付属しています。変更するときはこのような機器を使うかチューニングしてくれるショップに持ち込むのがベストですね。

 

 

PCサイトスマートフォンサイト